ランキング
  利尻昆布 トリートメント
レフィーネ 
ピュアハーバル・ヘアカラー
 

白髪染めの知識
  白髪染めの種類について
失敗しない白髪染めの選び方
白髪染めカラーの賢い選び方
白髪染めのパッチテスト
白髪染めとアレルギー
 

目的で選ぶ白髪染め
  シャンプータイプの白髪染め
白髪染めを使い分ける
髪全体を染めるタイプ
ポイント・部分染めタイプ

 

白髪について
  白髪の原因
白髪は抜くと増えるの??
白髪の予防と対策

 

白髪染め商品一覧
  RKヘアカラートリートメント
レフィーネ
ピュアハーバル・ヘアカラー
いつまでも黒髪サプリ
サンカラーマックス
螺髪EXシャンプー
黒耀シャンプーQS&黒耀ヘアパック
白髪染め黒耀ポイントケア
 



リンク集
   

リンク集
  にんにく卵黄
グルコサミン
白髪染め
毛染め
抜け毛 対策
 

メニュー
  トップメニュー
免責事項
運営者情報
お問い合わせ
相互リンク募集中

 
 
 



失敗しない白髪染めの選び方

 
自分の髪質は硬い方ですか?
柔らかい方ですか?

色が入りやすく、パーマがかかりやすいタイプですか?
逆に色が入りにくく、パーマが取れやすいタイプですか?

敏感肌ですか?

白髪染めを選ぶ前に、自分の髪質や肌質を確認し知っておくことで、
自分に合った白髪染めを手にすることができます


面倒だといろいろ試すよりも
自分に合ったもののなかから、さらに合ったものを見つけるようにしましょう。



 
 
 髪質で選ぶ

髪の毛はひとそれぞれタイプが異なります。

まずは髪の毛の太さは細い、太い?
髪の毛の硬さは柔らかい、硬い?
量は多い、少ない?あなたはどれになりますか?

基本的に太くて硬い髪は染まりにくく、
細くて柔らかい髪は染まりやすいと言われています


カラーリング剤を使用するときは、
太くて硬い髪質の方は気持ち長く、軟楽手細い髪質の方は気持ち短くと
染料の置き時間を調整・確認して、好みの色味に仕上げましょう。

また、毛量の多い方は染めて始めてから足りないなんてことにならないように
染料の量に気をつけましょう


 
 
 頭皮で選ぶ

頭皮だって肌です。ひとそれぞれタイプが存在します。

ジェルやワックス、スプレー、ムースをはじめとする整髪料やトリートメントや寝ぐせ直しウォーターなどでかゆみや腫れ、炎症を起こしたことがあるひとは、白髪染め選びも慎重に。

低刺激タイプを選ぶのはもちろん、
パッチテストが必要な商品は必ず確認しましょう


その日の体調によってかゆみや痛みが発生したりもしますから、
体調の良いときに行うということも、トラブルを未然に防ぐ方法です。

 
 
 薬液の形状で選ぶ

白髪染めにはクリームタイプと液体タイプがあります。

クリームタイプは部分染めに適していると言われており、
根ともや生え際から顔を出す新しく出ていきた白髪を染めたい方に。

また一部の白髪を染めたい方や、
毛量の少ない方やショートヘアーなど、短めの髪形をしている方におすすめです。

液体タイプは髪全体を染め上げたい方にピッタリ
ショートヘアーよりも髪の毛が長めの方や毛量の多い方にもおすすめです。

液体といっても、
最近のは液だれがしにくいタイプが多いので安心して使用できますよ


 
 
 使いやすさで選ぶ

薬剤にはそのまま使えるタイプとホームパーマ液のように
1剤2剤を直前に混ぜて使うタイプがあります。

最近話題の泡タイプは、1剤と2剤を混ぜるひと手間があるものの、薬剤を均等に行き届かせることができ、ムラにならないと好評

そのまま使用できるタイプは、
刺激が強いタイプが多いので確認してから購入しましょう。

また、くしにつけて髪に伸ばすタイプやコームが液体ボトルの先端についた一体型もあります。
泡タイプはムースのように掌に乗せて髪に伸ばしていく方法になります。

一番使いやすいものを選びましょう。

 
 
 
 
Copyright c 2010-ashiyashisogokoen.jp. All Rights Reserved.